【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第2話無料ネタバレレビュー


今回の記事は、「すぺしゃるじー」先生と「チンジャオ娘」先生の共同作品「【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた」第2話無料ネタバレの記事になります。

 

行き遅れババアは、10話完結で、今だけ「無料1話無料キャンペーン」中なので、今読まないと損です!

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第2話のネタバレあらすじ

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた第2話「行き遅れ女上司の半熟とろとろボディがエロ過ぎての無料ネタバレあらすじ編です。

第1話から続き

田中は、今ならヤれる!って思い女上司に詰め寄ってしまうが、女上司沢村秋子は、そういうつもりで部屋に上げたのではなく、冷静になってもらおうと抵抗しようとする。

 

しかも、田中には恋人もいる。

 

そんな田中は、「そんなの関係ないっす。今は俺、主任の方が」と言って、沢村秋子はその言葉にドキッってしてしまう。

 

そして、また無理やり気味に田中はキスをする。

 

その後、二人はベッドインし、初めて上司の裸を見て田中は、「超エロいです。主任」と言葉を発する。そして、そろそろ良いですよねって、田中はち●こを挿れようとしたが、明かりを消すように言われる。

 

そこで話を聞くと、主任は、まだ処女っていうことを知る。沢村秋子は、この歳で経験ないのは引くよね。って言うが、田中は、かえって興奮するって言うことを伝える。

 

会社では、いけすかないが、この際関係なく、田中は絶対にヤッてやることを決意する。今出来るなら、相手はBBAでも関係ない。

 

そして、ち●こをま●こに挿れた瞬間に絡みついて、速攻出してしまう!いきなり出してしまって、こんなに気持ちがいいま●こは、初めてただと思ってしまう。

沢村秋子も初めてだったけど、気持ちがいいことを体験して、その様子を見ていた田中は、抜けずに続けて激しいピストンを開始する。

 

年増のBBAのセックスに凄く興奮するのであった。

 

続けて激しくピストンをして、田中と秋子は息果てるのであった。

 

秋子は、会社バレのことが気になったが、田中は誰にも言わなきゃ分からないから大丈夫と言う。そんなことより、今日はトコトン主任とヤりたいといい3戦目は、ゴムなしで挿れることにする。

 

田中は、初めての相手に生許してチョロすぎると思いつつやると、またすぐに逝きそうになる。このまま出して、万が一孕ませたら、人生終わると思いながらも、ま●こが最高過ぎて腰を振るのを止めることが出来ない。

 

そろそろ限界で、抜こうと思うが良過ぎて、抜くことが出来ずに中に出してしまう。秋子は中はダメ!赤ちゃん出来ちゃう!と抵抗するが、すみません!腰が勝手に!って反論する。

 

そして、出した後にやっちまった。会社の上司行き遅れBBAのま●こに中出ししてしまったことに気づくのであった。

 

でも、超気持ち良かった。

 

第3話に続く

会社の行き遅れBBA孕ませた第2話感想

あらすじは、端折りながら書くことにしましたが、田中君上司とやってしまいましたね。

 

一日で3連発でしかも最後は、生で中出しをキメてしまうと言う状況でした。

 

今後の会社での対応なども気になっていくところですね。

 

今なら、公式サイトで第1話がフルカラー無料で読むことが出来ますので、確認してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました